スマートフォン買取専門店ネオスタで買取しているスマートフォンや
リサイクル端末に関するコラムです。

携帯電話とスマートフォン、どこが違うの?

携帯電話は、電話機を小型化してメールなどの機能を追加した端末です。
通話機能が中心で、折りたたみ式、スライド式など様々な形態があります。
2~3型程のディスプレイとテンキー(数字キー)が特徴で、文字入力はテンキーで行います。
通話機能だけでなく、ワンセグ、おサイフケータイ、各キャリア独自のインターネットコンテンツ(iモード、ezWebなど)、
"ガラケー"機能を豊富に搭載しているのがポイントです。

スマートフォンは、パソコンの機能性をベースに、通話機能を追加した端末です。
インターネット、メールなど、携帯電話に携帯情報端末(PDA)機能が付いた携帯端末です。
3.5~4.5型程度の大型タッチパネルディスプレイが特徴で、指先を使って直感的に操作することができます。
インターネットを携帯電話より大きな画面で楽しむことができ、文字入力もタッチパネル操作で行います。
最近は、ワンセグ、おサイフケータイといった、携帯電話特有の"ガラケー"機能を搭載した機種も増えています。

白ロムってナニ?

白ロムとは、FOMAカード(NTTドコモ)、ICカード(au)、usimカード(softbank)など、SIMカードを抜いた端末の事です。
機種変更などをするとき、新しい端末にSIMカードを差し替えてご利用されていると思いますが、
その際お手元に残った、SIMカードの入っていない古い端末(スマートフォンや携帯電話)を白ロムと言います。
白ロムには、USED品だけでなく、新品未使用品もあります。

使わなくなったスマートフォン、買取します!

長引く経済低迷とエコ意識の広がりにより、買得感を求める人やリユース志向を持った人々が増え、
中古品市場全体が活発化している現在、スマートフォンや携帯電話の中古品利用も一般化してきました。
「ガラケーもいいけど、スマートフォンを使ってみたい」、 「古くても使えればいい」、
「紛失してしまったのでやむを得ず買替えなければならない(予定外の出費)」、など価値観も多様化し、
さまざまな理由でリサイクル品を選ぶ人は多くなっています。

また、携帯電話販売報奨金の見直しに伴い、割賦販売方式が導入されたため、
総支払額が高額になる機種が増え、新機種への変更を足踏みされている方も多く、
リサイクル品の需要は更に増加しています。

SIMカード対応の機種間であれば、 ”ただカードを差込む” だけで機種変更ができ、
キャリア会社のショップに行く必要も無い場合が増えています(※1)。
※1 機種、契約内容によっては各ショップでの契約変更の手続きが必要な場合があります。詳細は各キャリアにてご確認ください。

売る人も買う人も、もっと簡単に、もっと気軽に携帯電話の機種変更ができるようになったのです。

「そう言えば半年しか使っていない端末がどこかにしまってあるな?」
「機種変更をしたばかりだけれど、もっと欲しい新機種が出た!」
そんな時はすぐに、スマートフォン買取専門店ネオスタにご連絡ください。
あなたには必要が無くなったそのスマートフォンを使いたい誰かが、きっとどこかで待っています。

〈スマートフォン買取専門店ネオスタ〉では、【インターネット】 ・ 【電話】 ・ 【FAX】の3通りの査定方法をご用意しています。
お客さまのご都合のよい方法でご連絡ください。

お問い合わせの際には、品物の種類や状態、希望買取プラン(出張買取希望です!など)をできるだけ詳しくお知らせください。
お客様からいただいた情報をもとに仮査定を行い、上限、下限の買取金額をお伝えいたします。
査定は無料です。また、さまざまなご質問やご相談にもお答えいたしますので、お気軽におたずねください。
皆さまからのご依頼をスタッフ一同、心よりお待ちしています。

簡単Web査定